Img_a36c519caa13cf30f2254081ae3a6c39
NHK秋田「ニュースこまち」 さんに
お子さんの撮影のコツをお伝えしました。

秋なので紅葉や七五三撮影など
お子さんを撮影したい!
そんな時期なのでと
お声をかけていただきました。

キャスターの佐藤さんとモデルのママさんも
千秋公園ですぐに上達!♪
簡単な方法です。

・18日知っトク!?のコーナーで
とってもわかりやすく
放送されていました。

これを見ればすぐにでも
ふんわり上手に
撮影できちゃいそうでした。

小熊は、またニュースこまちに
出演できて嬉しかったです(^^)。

‥と、
ここで終わってしまっては不親切なので、

撮影のコツ
こちらでもお伝えいたします。


●お子さん撮影のコツ
・その1:大人が2人以上いるときに撮影する。
Img_0e8de47d2b0f71548e09cc35d1573873
大人は2人いると安心
ママ一人でお子さんを見守りながら
撮影もするのは
たとえ家の中だとしても至難の技です。

パパやおばあちゃんが
あやしてくれるときに
パシャっと撮影してみてください。
きっと、いい表情がのこせますよ。


・その2:お子さん目線で撮影する

お子さんと目の高さを合わせて
撮影しましょう。

下を向いて何かに集中している時なら
さらに下から
お顔を撮ってみてください。

ついつい大人の都合で
「こっち向いて〜!」とか
「ピースして〜!」と
声をかけてしまいがちなのですが

お子さんの気持ちを優先して、
いい場所で、いい笑顔になった瞬間に
パッと撮影すると
自然な1枚が残せます。


・その3:逆光で撮る

テクニック的には
これが最大のポイントです。
嘘だと思って、
試しに逆光チャレンジしてみてください。
後ろからの光で
ふんわりした写真が撮れますよ〜!

カメラやスマホの顔認識機能で
顔が暗くならないなら
そのままパシャっとどうぞ。

ご自身のカメラそのままの設定だと
逆光は暗くなっちゃう〜!という方は
露出補正をプラスに設定して
明るくしてから撮影してみてくださいね。

・カメラの説明書で露出補正の説明をご覧ください
Img_b2881232f3f35c25d043674ffb01419f
・iphoneの場合はカメラアプリで
 画面をタップしたら出てくる
 お日様マークが露出補正。
 お日様を上にずず〜とスライドすると
 明るくなりますよ。


● 撮影のための小技

・撮影者は白い服を着る。
 レフ板を持ち歩かなくても
 レフ板がわりになります。

・レジャーシートを持ち歩くと便利!
 できたら白いレジャーシートを♪
 お持ちでない場合は裏面が白なら
 使ってみてください(^^)
 レフ板効果抜群です。
Img_eb5f39f6bd86771e4b47f2b326d6a78b
この一手間が大切。

● まとめ

まずはカメラの準備を万全に。
露出補正プラスに
明るく設定してから

自分がどんどん
お子さんの逆光の位置に移動。

その際は腰を低く、
お子さん目線でカメラを構える。
Img_4d2e5a323b8931d5be76885186674db1

いい表情を待って、
今だ〜!!という瞬間に撮る。 以上です。


お子さん撮影は
いつも光を見て走る。
実は体力勝負。

簡単なことばかりですが
全てが揃ったら
自然にお子さんの姿を残すことができますので
一度お試しいただければ♪
と思います。




*今回も、取材や写真提供、
たくさんのママにご協力いただきました。
お声をかけた皆さん全てに
本当に快く承諾いただけて
とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

 関連記事
・NHKすくすくこまちで写真のお話をしました。 (Click!) 
・NHKおはよう日本でご紹介いただきました。 (Click!) 
・秋田の女性のWork&Life a.woman
 4月のCLOSE UP WOMENに掲載していただきました  (Click!) 
・秋田市地域を明るくする起業応援セミナーご報告 (Click!) 


・写真の感想  (Click!) 
・小熊宛 メールフォーム  (Click!)